08

なにのために戦うのか、アッテンボロー提督のセリフとともに【誉れの赤】

あらすじのようなもの(ネタバレ注意) 最強と呼ばれた山縣昌景の武田家「赤備え」。 この赤備えに同心として所属する成島勘五郎と飯沼藤太は幼なじみ。 もともと藤太は成島家で下人の働きをしていた農民の息子。 身分は違えど「五郎 […]

04

「殿、利息でござる!」の原作読んだ【無私の日本人】

2016年に阿部サダヲさん主演の映画「殿、利息でござる! 」が公開されることを知って、原作を読みたくなった。この映画はフィギュアスケートの羽生結弦さんが出演されたことでも話題ですね。 この本は小説なのかな?著者の磯田道史 […]

01

まぐるはどのように見えるのか【泣き童子 三島屋変調百物語参之続】

三島屋おちかが黒白の間で百物語を集める、三島屋変調百物語シリーズ3冊目。 収録されているのは、 魂取の池 くりから御殿 泣き童子 小雪舞う日の怪談語り まぐる笛 節気顔 の6編。 怪異の地域 「まぐる笛」は出府してきた若 […]

28

ファンタジーが現代とリンクしてくる【黄金の烏】

阿部智里さん「八咫烏」シリーズ3作目。 今回は前2作よりちょっと厚いです。 内容的には、八咫烏の宮廷世界、貴族層の妃選びにまつわる話をミステリー風味に仕上げた「烏に単は似合わない」、「黄金の烏」の主人公(?)雪哉の生い立 […]

ずっと読んでます。陰陽師シリーズのガイドブック?【 『陰陽師』のすべて】

最初に「陰陽師」を読んだのは学生の頃。 ちょうど映画が公開になる少し前くらいで、世の中に陰陽師ブームが来始めてた頃かなぁ。 とても仲の良かった先輩のオススメで。流行ものは何となく敬遠することが多いんだけど、普段あんまり本 […]

冬の立山で戦国武将は何を見たのか【沙羅沙羅越え】

佐々成政のイメージって「花の慶次」に出てきた時のイメージしかなくて、実際にどういうことをした人なのかよくわかってなかった。 この話は、越中富山城主時代の成政の話。 お隣の前田利家が秀吉の命で攻めてくるところに、秀吉との戦 […]

24

「挫折は青春の必須科目」ってかっこいい【幻想映画館】

履歴書に「特技:探し物」と書いたら山の上の登天郵便局に採用された新卒のアズサのお話に続く「幻想」シリーズ第2弾。 ※1冊目の幻想郵便局について記事はこちらです。 幻想郵便局に呼び起こされたノスタルジー【幻想郵便局】 今回 […]

22

秀吉像について考える【花戦さ】

初代池坊専好が主人公。若い頃に自身の虚栄心を見透かされたことにより、同じ美を極めんとするものとして、千宗易(利休)との間に親友関係を結ぶ。 親友利休が秀吉によって切腹させられたことへの怒り、天下人としての秀吉に対し花人と […]

20

最終的に事件は解決したのか【キラレ×キラレ CUTTHROAT】

嘘をついているのは誰なのか? 満員電車での切り裂き魔の事件と1件の殺人事件。 二つの事件は関係があるのか? それぞれの登場人物に関係性はあるのか、ないのか? 「すべてがFになる」から読み始め、亀の歩みでようやくXシリーズ […]

15

研修旅行にてヒナギクさんに大いに助けられた話【水仙の夢 竜宮ホテル】

しばらく積読になっていたこの本をようやく手に取ることができたのは、研修旅行の間。 ちょっと嫌なことやら面倒事が立て続いていて、精神的にひどく落ち込んでいた時だった。 自分の居場所なんてないんじゃないかって。 落ち込みすぎ […]