07

2018年11月に「読み終わった」本のご紹介(ブクログ)

2018年11月にブクログ上で「読み終わった」にした本たちです。 百年シリーズを一気に読破して頭の中がぐるぐるし、借りてきた化物語を読み、皆塵堂が終わってしまってしょんぼりしていた輪渡颯介さんの新シリーズを読み、仁木英之 […]

05

2018年10月に「読み終わった」本のご紹介(ブクログ)

2018年10月にブクログ上で「読み終わった」にした本たちです。 本が読みたくて苛々するような焦燥感の時期がようやく通り過ぎたようで、今月はだいたい平均ペース。 ずっと積読になっていた本と、そのシリーズの続きを読んだり。 […]

05

2018年9月に「読み終わった」本のご紹介(ブクログ)

2018年9月にブクログ上で「読み終わった」にした本たちです。 今月はもっぱら西尾維新月間。戯言シリーズから人間シリーズへ。 久しぶりにどっぷりたくさん本が読めたので満足感が大きい。 Wikipediaとか見てみたら、上 […]

04

2018年8月に「読み終わった」本のご紹介(ブクログ)

2018年8月にブクログ上で「読み終わった」にした本たちです。 久しぶりに10冊オーバーなのは、宮城谷昌光さんの「重耳」「孟嘗君」を再読したせい。 孟嘗君読むと続けて「楽毅」読みたくなる。ちなみに重耳読むと「沙中の回廊」 […]

02

2018年7月に「読み終わった」本のご紹介(ブクログ)

2018年7月にブクログ上で「読み終わった」にした本たちです。 「師弟 棋士たち魂の伝承」は話題の藤井七段だけでなくていろいろな師弟が登場。 「うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間」を読んで最初に思ったのはまた先崎 […]

06

2018年6月に「読み終わった」本のご紹介(ブクログ)

2018年6月にブクログ上で「読み終わった」にした本たちです。 「僕僕先生」はどんどん旅の終わりに近づいている予感。ずっと旅してくれたらいいのになぁ。 「つまをめとらば」は直木賞受賞作の文庫化。短編が数編収録されている。 […]

05

2018年5月に「読み終わった」本のご紹介(ブクログ)

2018年5月にブクログ上で「読み終わった」にした本たちです。 「華栄の丘」は再読。かれこれ何回読み返していることでしょう。春秋時代でもちょっとあまり光の当たらない時代の宋の国のお話。晋と楚という2大国に挟まれた小国の宰 […]

02

2018年4月に「読み終わった」本のご紹介(ブクログ)

2018年4月にブクログ上で「読み終わった」にした本たちです。 「草原の風」は何度目かの再読。なんだか陰麗華のイメージの強かった光武帝なのだけれど、本書の中では実は文章化された部分(影響力という意味ではまた別)は案外少な […]

05

2018年3月に「読み終わった」本のご紹介(ブクログ)

2018年3月にブクログ上で「読み終わった」にした本たちです。 「また、犬と暮らして。」の穴澤さんはブログでも読んでいて – Another Days、文章も好きだし写真もきれいだしで購入してなかなか読めず、 […]

05

2018年2月に「読み終わった」本のご紹介(ブクログ)

2018年2月にブクログ上で「読み終わった」にした本たちです。 ここのところ読書欲求を抑えるようにしていたのだけれど、西條奈加さんの「ごんたくれ」で本が読みたくて読みたくて仕方なくなってしまいました。最近現代ものはあまり […]