07

2017年7月に「読み終わった」本のご紹介(ブクログ)

2017年7月にブクログ上で「読み終わった」にした本たちです。 先月は全然本を読まない日がずっと続いたり、なんだかバイオリズムが低下してるのか夏バテなのか、イマイチ月間でした。 Nagamelbooks – […]

28

今回の妖はちょっと怖い【明治・妖モダン】

「しゃばけ」シリーズの畠中恵の本が出てたから悩まず購入。 今回の時代は江戸時代じゃなくて明治。 「しゃばけ」シリーズは妖たちが当たり前にいるフほのぼのでちょっと切ないァンタジー世界だったけど、こちらはちょっと怪談テイスト […]

26

陸奥南部藩に実在した女大名の物語【かたづの!】

初めて読んだ中島京子の小説。江戸初期の南部藩が舞台の小説なら是非読みたいと思ったのだ。 江戸時代の初期、陸奥南部藩にいた女領主、清心尼の物語。 時代の流れとしては秀吉の奥州仕置から九戸政実の乱が終わり、南部宗家に三戸南部 […]

夏前に咲くアジサイを見る【水道山・観音山公園:新潟県】

梅雨の雨が1週間降り続いて、ようやく晴れ間が見えた7月の初め。 アジサイを見に新潟県見附市の水道山・観音山公園まで行って来た。 雨が上がったと思ったら、強烈な日差し。あっという間に夏がやって来そうだ。 ふらりと出かけたけ […]

07

プロ棋士の目を通して将棋の観る【棋士の才能 ―河口俊彦・将棋観戦記集―】

なんだか世間では藤井聡太四段の連勝記録更新で大盛り上がりなんだそうだ。 さて本書は2015年に亡くなった将棋界の老師こと河口俊彦八段の王座戦観戦記集。 王座戦だから日経新聞に掲載されていたものかな。そこから51局。 将棋 […]

02

2017年6月に「読み終わった」本のご紹介(ブクログ)

2017年6月にブクログ上で「読み終わった」にした本たちです。 前半は「風の陣」。それから「陰陽師」や「皆塵堂」の新刊も読めたし奈良時代から平安、江戸時代、それから有楽町まで。 Nagamelbooks – […]

16

阿弖流為たちのきっかけ。号泣する真綱を見よ【風の陣】

はっきりいって読み進めるのが辛かった。でも、最後まで読んで良かった。 個人的になんだか鬱屈したものを抱えた中での読書になってしまったけれど、読んでよかったなぁって思える本に出会えて良かった。 全5巻。物語は奈良時代。高橋 […]

13

オンラインで将棋してみた

将棋の本を読むのは好きだけど、自分で将棋指すなんて機会はめっきりなくなった。 かれこれ15年近く駒触ってないな。 なんせ将棋は相手がいないとできない無いですからね。 久しぶりに将棋を指してみたくなったから、オンラインで将 […]

ぐるりと水路。なんだかのんびりしたくなる公園【中之口農業体験公園:新潟県】

いい天気だったので、通りかかるたびに気になっていた中之口農業体験公園によってみた。 新潟県道9号線沿いにあり、ちゃんと駐車場もあって、建物が2棟並んでいる。 全体的に綺麗な公園で、まだまだ新しいのかもしれない。 2つの建 […]

梅雨前の青空にバラの蕾の尖塔を見る【冬鳥越スキーガーデン:新潟県】

梅雨前のスコンと晴れた青空に誘われて加茂市の冬鳥越スキーガーデンへバラを見に行ってきた。 とてもいい天気だけどあんまり暑くなくて、一番いい時期。 国道290号線沿いに走ると、スキー場に日時計と列車が見えるのでそれを目印に […]