28

ファンタジーが現代とリンクしてくる【黄金の烏】

阿部智里さん「八咫烏」シリーズ3作目。 今回は前2作よりちょっと厚いです。 内容的には、八咫烏の宮廷世界、貴族層の妃選びにまつわる話をミステリー風味に仕上げた「烏に単は似合わない」、「黄金の烏」の主人公(?)雪哉の生い立 […]

梅雨空の合間にユリを見に行く【月岡公園:新潟県】

梅雨空の合間の晴れを利用して、魚沼市にユリを見に行ってきました。 紫陽花を見に行こうか、ユリを見に行こうか迷った末、今回はユリ。 良い香りがするからねー 知らなかったけれど、新潟県はユリの出荷量で全国上位みたいです。 今 […]

ずっと読んでます。陰陽師シリーズのガイドブック?【 『陰陽師』のすべて】

最初に「陰陽師」を読んだのは学生の頃。 ちょうど映画が公開になる少し前くらいで、世の中に陰陽師ブームが来始めてた頃かなぁ。 とても仲の良かった先輩のオススメで。流行ものは何となく敬遠することが多いんだけど、普段あんまり本 […]

冬の立山で戦国武将は何を見たのか【沙羅沙羅越え】

佐々成政のイメージって「花の慶次」に出てきた時のイメージしかなくて、実際にどういうことをした人なのかよくわかってなかった。 この話は、越中富山城主時代の成政の話。 お隣の前田利家が秀吉の命で攻めてくるところに、秀吉との戦 […]

24

「挫折は青春の必須科目」ってかっこいい【幻想映画館】

履歴書に「特技:探し物」と書いたら山の上の登天郵便局に採用された新卒のアズサのお話に続く「幻想」シリーズ第2弾。 ※1冊目の幻想郵便局について記事はこちらです。 幻想郵便局に呼び起こされたノスタルジー【幻想郵便局】 今回 […]

22

秀吉像について考える【花戦さ】

初代池坊専好が主人公。若い頃に自身の虚栄心を見透かされたことにより、同じ美を極めんとするものとして、千宗易(利休)との間に親友関係を結ぶ。 親友利休が秀吉によって切腹させられたことへの怒り、天下人としての秀吉に対し花人と […]

雨に降られながら花菖蒲を見に行く【しらさぎ森林公園:新潟県】

先日はアヤメを見に瓢湖に行ったので、今度は花菖蒲を見に三条に行ってきました。 前回瓢湖に行った時の記事はこちらです。 瓢湖のあやめ祭りに行ってきました【瓢湖水きん公園:新潟県】 向かう先はしらさぎ森林公園です。 どんより […]

20

最終的に事件は解決したのか【キラレ×キラレ CUTTHROAT】

嘘をついているのは誰なのか? 満員電車での切り裂き魔の事件と1件の殺人事件。 二つの事件は関係があるのか? それぞれの登場人物に関係性はあるのか、ないのか? 「すべてがFになる」から読み始め、亀の歩みでようやくXシリーズ […]

サクランボを買いに行って上山温泉を歩く【上山城:山形県】

急に暑い日が続くようになって、さっぱりしたものが食べたい季節です。 スーパーに買い物に行ったら、スモモがとてもおいしそうでいいなぁ、と。 せっかくの休日、どうせならスーパーじゃなくて果物のおいしいところへ買いに行こう。 […]

瓢湖のあやめ祭りに行ってきました【瓢湖水きん公園:新潟県】

6月の晴れた日。瓢湖のあやめ祭りに行ってきました。 新潟県には日本四大あやめ園の一つ、五十公野公園がありますが、天邪鬼なのであえて瓢湖へ。 ちなみに「日本四大あやめ園」は次の4つらしいです。 五十公野公園あやめ園 [新潟 […]