07

東北のものづくりを紹介する「東北STANDERD」というサイト

八戸ブックセンターのFacebook見てたら、マイブッククーポンで買うオススメの本みたいな感じで本の情報がシェアされてきます。 シェア元はどこかなと思ってみて見ると株式会社 金入さんとのこと。 八戸市でオフィス機器や文房 […]

06

無私の「私」ってなんだろう?って考えてみる

「無私の日本人」を読んで、「私」ってなんだろうってのをちょっと考えてた。 この場合の「私」というのは「自意識」っていう言葉と同じものと考える。 「殿、利息でござる!」の原作読んだ【無私の日本人】 あまり自己啓発の本は読ま […]

04

「殿、利息でござる!」の原作読んだ【無私の日本人】

2016年に阿部サダヲさん主演の映画「殿、利息でござる! 」が公開されることを知って、原作を読みたくなった。この映画はフィギュアスケートの羽生結弦さんが出演されたことでも話題ですね。 この本は小説なのかな?著者の磯田道史 […]

サクランボを買いに行って上山温泉を歩く【上山城:山形県】

急に暑い日が続くようになって、さっぱりしたものが食べたい季節です。 スーパーに買い物に行ったら、スモモがとてもおいしそうでいいなぁ、と。 せっかくの休日、どうせならスーパーじゃなくて果物のおいしいところへ買いに行こう。 […]

22

八戸ブックセンター(仮)が(仮)じゃなくなってた【八戸ブックセンター】

公共サービスとしてスタートするということで、期待しているというか、興味を持ってみている楽しみにしている八戸ブックセンター。先日まで(仮)がついてた気がしたけど、やっと(仮)がとれたんですかね? 気になってるからネットで情 […]

桜の隠れスポットみつけました【浪岡城址:青森県】

ゴールデンウィーク前半(2016年4/29~5/1)、久しぶりに雪のない季節に青森に帰省。 例年だとGWにちょうどよく桜が見頃だったりするのだけれど、今年はいつもより桜が咲くのが早かったので、ちょっと駄目かなぁと残念に思 […]

18

陸奥という国と泰衡という人物【炎立つ】

「炎立つ」全5巻読了。ここでは主に5巻について。 藤原泰衡について 奥州平泉を考えるときに、僕の持っている知識や先入観では、藤原泰衡という人物はあまり印象が良くなかった。兄頼朝に追われ、小さいころの伝手をたどって奥州に逃 […]

14

「晏子」の晏嬰と藤原清衡を比較して失敗した話【炎立つ】

「炎立つ」4巻まで読了。 1~3巻までの主人公は藤原清経だった。 4巻の主人公は清経の子、清衡である。Wikipediaには奥州藤原氏の祖と書かれる人物である。 小説の世界を始点としてしか歴史を勉強しない僕には、歴史上の […]

13

清原真衡から「真」の字が入っていることを考えてみる【炎立つ】

4巻を読んでいる最中。 清原真衡という人物が出てくる。小説の中では敵役として登場するので、好人物な書かれ方はしていない。(己の自負を語ったところなどはかっこ良かったと思う) ちょっと思ったのだけれど、戦国大名(時代が違う […]