PloomTech(プルームテック)のカートリッジがジョイントできる電子タバコ用バッテリー

最近ようやく周りにもPloomTECH(プルームテック)を使う人が増えてきた。
別に隠していたわけじゃないけど、その近辺で実は僕も持ってますっていうと、なんだか乗り遅れた気分になるのでもう少し黙ってようかと思う。
そんな人たちから、PloomTECH(プルームテック)のバッテリーの部分だけアマゾンとかで買えるらしい、なんて話が聞こえてきた。
正規品のPloomTECH(プルームテック)は品薄で買えないから、そちらで始めてみようかなっていうことらしい。
ちょっと気になって調べてみたら何種類かもう発売されているみたい。

ものとしてはPloomTECH(プルームテック)のバッテリー部分のサードパーティ製で、PloomTECH(プルームテック)のカートリッジもジョイントできますよ、というもの。
それで正規品の方はこの本体、つまりバッテリーの方は品薄で買えないけど、カートリッジとカプセルは公式サイトで買えるから、じゃあPloomTECH(プルームテック)始められるねっていうことらしい。
ちなみに正規品も持っているけど、出先でバッテリーが切れちゃうなんていう人が予備のバッテリーとして買う人もいるみたいです。

レビュー読むと、正規品と比べて遜色ないとか、こちらの方が煙(水蒸気)が多い、とか感想出てますね。
その他ちょっとPloomTECH(プルームテック)より重くて持ちごたえがあるとか、ちょっと長いとか。
まず概ね好評のようです。
正規品との一番の違いは、吸ったカウント(50パフ)の合図が出ないっていうことらしい。
こういう商品が出るってことは、それだけ需要があるってことだろうな。
値段的にも2,000〜3,000円くらいなら、確かに試しやすいところではあると思う。

ZEBRA 電子タバコ用バッテリー USB充電器付き

FRP 電子タバコ プルームテック 対応 ロング バッテリー 320mAh 充電器 セット F-800

NoirSoleil プルームテック ploomtech 互換 バッテリー 艶無しブラック ブルーライト 180mah

個人的にはPloomTECH(プルームテック)は気に入っているし、今時点で予備バッテリーがなくて困った経験もないからまだ必要ないかなとは思っている。
こういうのがいいのか悪いのかはさておき、ある程度紙巻ではないアイコスやPloomTECH(プルームテックみたいなものの人口が増えていくのなら、紙巻みたいに実際に燃焼させるタバコとは別に、電子タバコみたいなものたちのルールができあがっていくといいな、と思う。
いまのところ結局いろいろあいまいなままで、例えばPloomTECH(プルームテック)などの副流煙には本当に害がないのか、紙巻タバコよりは体にましだとか、個人の解釈に任されてしまっているところもあり、その解釈がネットに出てるから鵜呑みにしてしまわれるところもあり。
みんな結局タバコは吸いたいけど、周りに嫌な思いまでさせたくないって思うから需要があるんだろうし、それならこれ用のパブリックなルールが早くできればいいな、と。

を使った感想はこちら
PloomTECH(プルームテック)がやっと届いたのでその所感

参考サイト

 



広告
広告

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL