緑色の桜、御衣黄を見に行こう【弥彦神社:新潟県】

弥彦観光協会のサイトを見ていたら弥彦の八重桜が見頃とのことで行ってみようかと。
ページを見ていたら緑色の桜、「御衣黄」が見られるらしい。
御衣黄って何だろうと思っていたのだけれど、調べると新潟で御衣黄が見られるといえば江南区にある北山池公園がたくさん出てくる。
ちょうど弥彦に行こうと思ったところに「御衣黄」も見られるならちょっと得した気分だ。

弥彦公園

ヤホールの隣の駐車場に車をとめて、まずは弥彦公園から。
昔テニスコートがあったところだ。
ここの駐車場だけでも何本か八重桜があって、重そうに花を揺らしている。
観光客か写真を撮る人も多い。
駅の方に下っていってぐるりと園内を回って戻ってくることにする。

遅咲きの八重桜が見頃ということで、早咲きの桜たちはほとんど散ってしまっていた。
弥彦公園は季節によっていろいろ見ることができるけど、秋の紅葉の他にもツツジもたくさん咲いてきれいなところ。
ただまだちょっとツツジには早いみたい。
紅葉谷を登っていってトンネルを抜けたところにある池の周りにも八重桜がいっぱい。
水面に映る桜も綺麗だ。

駐車場に戻って弥彦神社へ向かうことにする。
そういえばここの駐車場の向かいにいつのまにか直売所ができていた。
ヤホールと建物の雰囲気も合わせてあるのかな。

弥彦神社桜苑

桜苑の場所がわからないので、キョロキョロ案内板を見ながら歩く。
一の鳥居の隣にある駐車場に車をとめたけど、椿はそろそろ終わりに向かっているのか、まだまだ元気な花もあれば地面に落ちてしまったものもたくさんあった。
きれいに落ちた椿の花とハート型の花びら。

土俵の方に向かって行くと芝桜が鮮やか。眩しいくらいのピンク色。
拝殿の方へご挨拶して、引き返してきたら桜苑の看板が見つかった。

桜苑

道路を渡って桜苑へ。第一駐車場のところにある白っぽい鳥居を目印にしてもいいかもしれない。
濃いピンク、淡いピンク、白、クリーム色。八重桜がたくさん咲いている。
枝垂桜もあるみたいだし、ソメイヨシノのような早咲きの桜はもう散ってしまっている。
さて、緑の桜はどこだろう。
水仙の花が咲き、苑内のふかふかそうな苔の上に花びらが散っている。

反時計回りに順番に見て行くことにする。
一瞬見逃しかけたけど、御衣黄を発見。
本当に薄緑色の花びらだ。この御衣黄は小さい木。

それから欝金ってのもあって、こちらはクリーム色の八重桜。
八重桜に限らず、桜苑の中にはたくさんの種類の桜。桜ってたくさん種類があるもんなんですね。
真っ白な御所匂って桜がきれいだったなぁ。
あとでもう一度まわってみたら、もう一本御衣黄があった。こちらは大きな木だけど、花の色は薄緑というよりクリーム色、欝金に近い色だった。
※神社の中の土俵の方にも御衣黄あった。

桜苑の場所

第一駐車場に車をとめて弥彦神社に向かうと桜苑を抜ける格好になる。
第一駐車場も早咲きの桜がすごいけど、4月下旬なら神社に向かいがてら桜苑で桜を見て、鹿苑で鹿に会ってから行くのもいい。
駅から神社に向かってきた場合は、向かって右側ということになる。東参道の方だそうだ。

ちなみに、新潟市だと北山池公園の他にも県立植物園でも御衣黄が見られるらしい。

弥彦神社

参考サイト

広告
広告

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL