童心に帰って夏の日の川に遊ぶ【仙見川:新潟県】

dscn4666_29096101416_o

新潟県五泉市の仙見川に遊びにいってきました。
お出かけする所を探していたら、仙見川渓谷って言うのがきれいだったので、今回はそこです。
竜ヶ窪に続き、写真がきれいな緑色だったのです。

竜ヶ窪に行った時の様子はこちら
写真よりずっと凄かった、これは実際見た方がいい【龍ヶ窪:新潟県】

下流(キャンプ・バーベキュー)

dscn4700_28509937313_o

「仙見川河川公園」って言う所があってバーベキューなどができるとの情報だったので、まずはそこを目指します。
が、カーナビにはでてきません。ググっても住所がわからん。。。
まずはマップでみて、近くの夏針というところを目指しました。

dscn4528_28506986274_o

夏針の辺りまでいくと川が見えます。
思わずおぉと歓声があがりました。車で走りながら見てても水が澄んでいるのがわかります。
なんか駐車場っぽいと思った所を曲がったら、どんぴしゃりで河川時の駐車場にでました。
駐車場にはちゃんと近隣マップ出てましたよ。

車を降りてみると、テントを張ったグループやバーベキューをしている人たちがいます。
いいにおいがする。。。
川の水はとても透明。少し深い所は緑色に、浅いところはまるで水がないように川底の石が見えます。
水着姿の子どもたちが川の中に入って水遊び。
この辺りはそれほど流れが強くないみたいです。

河原の石がごろごろしている中を散歩します。
川をのぞくと魚、ヤマメかな?やオタマジャクシなどが見えます。

少し上流に向かって車を進めます。
そちらの方にはトイレや水飲み場があって、キャンプができる見たいです。
トイレ・水飲み場の手前には謎の踏切。蒲原鉄道からはちょっと離れてる気もするけど。
この踏切は何の踏切だったんだろう?

dscn4506_28842222110_o

河原に下りるとこちらにもテントがたくさん。
公園の辺りは護岸がありましたが、この辺りはそういうのがなくてスペースが広いです。
この日は少し水量が少ない日だったのかな。

我慢できなくなって、裸足になって川に突入。
冷たくて気持ちいい。川底は石なのでビーチサンダルあると良いですね。

上流(壺滝)

dscn4622_28506935224_o

観光情報を見ると上流の「長瀞」と「壺滝」が見どころとのこと。
川遊びに満足したら山道(林道)を登って行きます。
「長瀞」も「壺滝」も道路標識が立っているので、それを目印に。
先により上流の「壺滝」に向かいました。

※上流には駐車場がありません。他の方の迷惑にならないよう駐車します。

 

「壺滝」の標識のところから、ロープが張ってある結構急な階段(斜面)を下りていきます。
するとゴーゴーという音が近づき、「壺滝」が見えてきました。
ここも水が緑色に見える。
上を見上げると、川にせり出すように木が生えています。
木々の合間から見える青空がきれい。
川は大きな岩の間を下流へと流れて行きました。

dscn4646_28506929994_o

水のかっこいい感じを出したくてシャッタースピード変えたりいろいろ挑戦。
難しいなぁ。。。

また急な斜面をのぼり、今度は「長瀞」へ向かいました。
「長瀞」の標識から下を見ると、また急な斜面。結構草が生い茂っています。
ここはへたれて断念。。
しかし「長瀞」ってなんなんだろう??

帰りはまた河川公園によってぼんやり魚を撮ったりしました。
周りにはバーベキューの消し炭。たまに人がやってきて水辺でぱちゃぱちゃ。
川もいいなぁ。のんびり。

胴長に着替えている人なんかもいましたから、こちらの川では魚釣りも楽しめるみたいですね。

 

 

37.661128, 139.210648

 

川底が石なので、何か履くものあるといいですよ。ビーチサンダルあったから使ったけど、川だと流れもあるのでマリンシューズみたいな方がいいかもしれませんね。

参考サイト

仙見川渓谷 -にいがた観光ナビ

広告
広告

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL