オシャレ!そら野テラスから「わらアート」とコスモスを見に行こうその2【上堰潟公園:新潟県】

dscn5500_29977457461_o

そら野テラスを後にしてわらアートを見に上堰潟公園にいきましょう。
そら野テラスからは車で15分もあれば着きます。

そら野テラスの記事はこちらです
オシャレ!そら野テラスから「わらアート」とコスモスを見に行こうその1【そら野テラス:新潟県】

コスモス

dscn5478_29947286672_o

まず迎えてくれたのが一面のコスモス。
ちょうどいい季節だったな。
この日は秋晴れ、ちょっと日差しが強く逆光でコスモスの花が綺麗に光っていました。
コスモス畑の真ん中は通路になっていて、右も左もコスモスに囲まれることができます。
親子連れで写真を撮っている人たちも結構いましたよ。

new-photo-added-to-camera-roll_29977195851_o

わらアート

さてさて本命のわらアートです。
わらアートにたどり着くまでの時間配分間違えて、夕日が角田山へ沈んでいきます。
ちょっと駆け足気味に見学です。

わらアートは全部で6体ありました。
まず最初に見たのは。。。
アザラシ?ん、違いましたセイウチです。大きな2本の牙があります。

dscn5485_29947278202_o

続いてはイカです。
地面からイカがにょっきり。吸盤もちゃんとありますよ。

dscn5488_29947274582_o

戻って今度はカメレオンです。
昨年のトライセラトップス、じゃなかった、トリケラトプスの印象が強くて後ろから見たら一瞬またトリケラトプスかと思った。
口からは長い舌をくるりん。
舌の真ん中にはトンボが止まっていて秋ですね。捕食されませんか??

dscn5501_29433920873_o

dscn5505_29766696090_o

カメレオンのお隣には巨大なアリです。
脚の感じが最初はクモかと思った。脚の数数えたら違った。
普段見る中では小さい昆虫のアリが馬鹿でかいと怖いですね。(高さも人より大きいです)

dscn5506_29766694710_o

dscn5509_29766689570_o

続いては、なんだろう?
後ろ姿は台形っぽいですが。
正面回って納得、ワシですね。このワシは迫力ありました。
空から降りてきて獲物を捕まえたところでしょうか。

dscn5511_29766686950_o

最後はキツネです。舌もちゃんとあります。大きめの牙が上下に2本ずつ。
正面回って下から見上げると怖い。。
スケール的にもののけ姫のモロの君ってこんな感じかなって声もありました。

dscn5524_30060505855_o

キツネといえばもふもふの尻尾。
先日生き物のキツネさんを見に行ったばかりですが、さて見比べてどうでしょう?

dscn5518_29947239362_o

キツネに会いに行った時の記事はこちら
コンとは鳴かないキツネに化かされ白石城に彼岸花を見る【宮城蔵王キツネ村:宮城県】

new-photo-added-to-camera-roll_29946946332_o

夕日が沈み角田山から後ろから照らされ後光がさしたみたい。夕日が水面に反射して綺麗です。
鳥たちは編隊を組んでねぐらに帰ります。
わらアートを見にたくさん人が来ていました。
遊びやすい公園ということもあって親子、家族で訪れている人たちが多かったです。
来年もまた楽しみです。

上堰潟公園

参考サイト

広告
広告

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL