桜の隠れスポットみつけました【浪岡城址:青森県】

ゴールデンウィーク前半(2016年4/29~5/1)、久しぶりに雪のない季節に青森に帰省。
例年だとGWにちょうどよく桜が見頃だったりするのだけれど、今年はいつもより桜が咲くのが早かったので、ちょっと駄目かなぁと残念に思っていた。
山形、秋田を通り帰省するのだけれど、やっぱり道中の桜はだいぶ葉桜、散り終わり気味。

実家に帰ってお墓参りを済ませ(月見野の桜は満開でした)、一応せっかく来たのだからと、合浦公園までいってみた。
強い風と雨が降ったり青空が見えたりの空模様でとても寒く(北海道では雪が降ったとニュースになっていた)、早々に退散。

dscn1200_26154638864_o dscn1223_26487489570_o

 

この寒さの中、シートを引いて頑張って花見をしてる人、屋台でおでんを食べる人、やっぱりGWにはみんな花見がしたいのだ。
桜はちょうど散り際、歩くと花びらが風に吹かれて降ってくるのはきれいはきれいだったのだけれど。

青森県にも桜の名所と呼ばれるところはもちろんある。

などなど。
全国的に有名なのは弘前公園だろうけれど、地元の人が行くところはきっと他にもたくさん。
それこそ青森にいた時は、地元だからということもあって、わざわざ桜を観に出かけることもなかったけれど、他県にでてたまにしか戻ってこないと、ちょっと行ってみようかしらなんて思う不思議。それでタイミングが悪くて観られなかったすると余計がっかりしたり、わがままなものだ。

今年はタイミング悪かったな、仕方ないなと思いながら、青森を出るときに勧められたのが浪岡の桜だった。
それこそ観光情報サイトなんかに載ってなかったし、正直あんまり期待もしていなかった。
青森市から青森空港の脇を抜け、浪岡庁舎に向かって県道27号を進んでいくと、前方に桜の白い集団がぽっかり見えた。横目に見ながら走ると、想像していたよりずっときれいで、ボリュームがあってびっくり。
車を降りて少し散策することにした。
犬の散歩の人がいたり、ボール遊びをしている子供たちがいたり。
お祭りが行われているわけでもなく、屋台が立ち並ぶわけでもない。
ベンチがあって、広場があって、遊歩道も整備されている。
ただ、こんもりと咲いた桜が、ハラハラと散っているだけで、とても静かなところ。リンゴ畑の向こうに雪をかぶった八甲田が見える。

DSCN1262 DSCN1260

DSCN1250 DSCN1256
天気も良くなって、散歩するには絶好だった。
時間がなかったので、全部は見て回れなかったけど、少し歩くだけでもとても気持ちの良い空間。
青森の人も知らない人いるんじゃないかな。(現に僕は知らなかった)
今年もいろいろなところに桜を見に行く機会があったけど、ここは一押し。

浪岡城址について

まずは浪岡城についてWikipediaから引用。

浪岡城
浪岡城(なみおかじょう)は青森県青森市浪岡(旧南津軽郡浪岡町)にかつて存在した日本の城(平城)で、国の史跡に指定されている。

築城以前は、1373年(文中2年)に平安京を模して敷地の四隅に祇園(現・北中野広峰神社)、八幡(現・浪岡八幡宮)、加茂(現・五本松加茂神社)、春日(現在は廃社)の各神社が配置されていた。その後、北畠家の支族である浪岡北畠氏の居城として長禄年間、応仁年間、または文明年間のいずれかに北畠氏4代北畠顕義によって建造された。中で応仁期が有力とされる。1578年(天正6年)浪岡北畠氏9代北畠顕村の代に大浦為信(後の津軽為信)によって攻められ落城した。現在、跡地には出土した遺物などを展示する「中世の館」や土塁、堀跡などがある。
Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%AA%E5%B2%A1%E5%9F%8E)

国の史跡に指定されているんですね。知らなかった。。。
青森市のHPでも紹介されていました。「史跡 浪岡城跡」
※そういえば青森市のサイト、リニューアルされてる気がする。

浪岡城は浪岡北畠氏の居城だったということだけれど、浪岡北畠氏は北畠顕家を祖としているともいわれているらしい。浪岡御所と呼ばれるくらい、京文化の流入と、それを支える威勢があったみたい。
北畠顕家を初めて読んだのは、破軍の星(北方健三 著)だった。もしかしたら北方健三作品で最初に読んだ本かな。

南北朝時代のあたりって、源平や戦国時代などと比べて、そんなにたくさん本もないし、なかなかわかりにくくて、足利、楠木、新田とか、そういう名前くらいしか知らなかったのだけれど、ここから北方健三さんの南北朝のシリーズは一気に読んだ。

波王の秋は未読。そのうち読む予定。
ほんと、地元にいるうちは、こういうところに興味を持ったりしなかったけれど、県外に出て、自分の読んだ本の登場人物に関係する場所(※今回は北畠顕家とは直接関係ないけれど)があったりして、地元だって捨てたもんじゃないぞ、というか、こんなところがあったんだっていう新発見があっておもしろい。

DSCN1247 DSCN1258

 

まぁ、蘊蓄を語るより、単純に、桜がきれいで、静かなところで良かったなぁ。
ここ見ただけで、つくづく今回帰省してよかった。

Googleマップも載せておきますね。よろしかったら来年ぜひ!

浪岡城跡
広告
広告

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL